伝えたい「素の自分」を恋人に受け入れてもらう方法

af0010002395

恋愛の悩みで、本当の自分がなかなか見せられなくて、それを見せてしまうと破局してしまう……なんて声をよく聞きます。

例えば、見た目がちょっと幼い雰囲気で可愛らしい女性だけど、実際には男っぽいところや、好みとかも結構オッサンぽかったりする部分もあるのに、付き合う人には見た目から想像する「女の子っぽい感じの子なんだろうな」と思われてしまったり。

本人も付き合い始めの最初のうちは相手のイメージを損なわないように、「女の子っぽくみてもらおう!」って頑張るけど、付き合って時間がたってくると段々 素の自分が出てきてしまって、幻滅されて別れちゃうとか……。他にも、サバサバした姉御肌みたいなタイプに見られているせいで、なかなか恋人に本音や弱音 を打ち明けられないとか、こういう悩みを抱えてる人って結構たくさんいるんですよね。

自分でも気付いてる「素の自分」

af0010002395

勇気を持って「素の自分」を伝えてみよう

こんなギャップに悩む人が多いですが、これの解決方法って実は簡単なことで、相手に早めに打ち明けてしまえばいいんです。

好きな人にはいいところを見せたいと思うかもしれないですが、相手に見られるイメージと「本当はこうなんだ」っていう自分に開きがあって、しかもそれが違 うということを自分でもわかってるんですよね。だったら、それを無理して取り繕った自分を見せようとしたところで、長くは続きません。

それだったら、「自分って本当はこういうとこあるんだよな」って、素の自分を自分自身でちゃんと認めてあげて、それを相手にも伝えましょう。その時に大事なのは、「本当は結構、中身はオッサンっぽいところもあるんだよ」ということと同時に、「でも好かれたいし、最初は女の子っぽく見られるように頑張っちゃうんだ」ということもあわせて伝えること!

それで、「そんな性格は僕のイメージと違うよ」と最初から離れてしまう人とは、結局長続きする恋愛はできません。そんな相手と、だましだまし付き合ったと ころで傷つくだけ! 本当の自分を打ち明けるのを怖がってしまったら、何も始まりません。相手の彼も「見た目が女の子っぽいのに中身オッサンってギャップがあっていいじゃ ん!」って案外すんなり受け入れてくれるかもしれないですよ。

「一緒の食事」はチャンスがいっぱい

0003

一緒の食事のときは、本当の自分を打ち明けるチャンス!

そうはいっても、「どういうふうに伝えたらいいの?」というのが悩みの種だと思うのですが、間違ってもやっちゃいけないのが、面と向かって「実は私……」 みたいに切り出しちゃうパターンです。重大な秘密のカミングアウトじゃないんだから、そんな重々しいのはやめましょうね。

男の子が目当てのエッチな本を買う時に、他の参考書や実用書に紛れ込ませてレジに持っていくように、情報は小出しにして少しずつ相手になじませていきましょう。

例えば前述の「オッサンっぽい自分」を相手に伝えたいときは、デートで食事する機会を利用しましょう。付き合ってお互いに少しずつ慣れてきたら、いつもオ シャレなイタリアンなどに行くのではなく、「今日何食べたい?」って聞かれたときに、たまには居酒屋さんや焼き鳥屋さん、赤ちょうちんのお店などチョイス してみましょう。それまでのあなたしか知らなった彼が驚いて珍しがったら「実はこういうとこ、結構好きなんだよね~♪」と軽くジャブを打てるチャンスです。

「イタリアンや創作和食も大好きだし素敵だけど、こういうカウンターの焼き鳥屋さんとか昔ながらの赤ちょうちんみたいなお店ってなんか落ち着くんだ~♪」なんてあなたのオッサンっぽさ(=素の自分)をさりげなく伝えてみましょう。

でも、お店選びでジャブが入ったからと言って、メニュー選びでそのままオッサン趣味を爆走してはいけません。

相手に合わせて女の子っぽい表面を演出できるあなたは、カワイイ路線のものもそれはそれとして楽しめるはず。きちんとトマト串やシーザーサラダなんかも チョイスして様子を見つつ、頃合いを見て、「ちょっと渋いの頼んでいい?」なんて言って本命のモツ煮込みや塩辛、ホタルイカの沖漬けといった渋メニューを オーダーしましょう。その頃には彼も場が馴染んできているので引いたりはしませんよね。

「ずいぶん渋いのいくね~」なんて驚かれても、「そうなの~。オッサンっぽいな~とは思うんだけど、こういうメニュー大好きなんだよね~♪」「他にも干物とか漬物とかも大好きだよ~♪」なんて和気藹々と話せるはずです。

そして、〆はまたかわいい路線に戻って甘いもの、デザートが食べたくなるのも女心だったりしますよね。そうやって、一度に自分のオッサンっぽさ(=素の自分)を全部伝えるんではなく、何回かに分けて少しずつ出していけばいいんです。ちょっと受け入れてくれたからって一気に見せすぎると相手も引いてしまいます。何事もグラデーションが大切ですよね。

「○○くんの前だとこういう部分も出せて嬉しいな♪」「やっぱりご飯行くときに赤ちょうちんって機会ないし、普段はあんまり出せないんだよね♪」と、一緒 にこの場を楽しめるのが嬉しいということを伝えつつ、基本はジャブで小出し小出しに。たまにアッパーやストレートを織り交ぜていけば、徐々に相手もあなた のオッサンっぽさに馴染んでいってくれますよ。

そして気付きましたか? 必ずオッサンを出す時には会話のラストに「♪」を付けるように会話するのもポイントです。

相手にいじられたら勝ち!

素直な自分で相手を楽しませよう

素直な自分で相手を楽しませよう

特に居酒屋さんはオジさま向け、若い女子向けとメニューの幅が広いし、飲食店で一緒に食事中って、自分の好みの話をしやすい環境ですよね。

そういう機会を上手に使って、少しずつあなたの素の好みや内面を伝えていければ、そのうち彼の方から「あれっ? 今日はオッサンメニューは頼まなくていいの?(笑)」ってからかってくれるようになりますよ。

そうなったらもうしめたもの。「最初はかわいいの飲みたいの~。いちごサワーで!」なんて言いつつ、「そろそろ沖漬けで焼酎いっちゃう?」なんてツッコまれて「じゃあそろそろ……。芋? 麦?」なんてやり取りもくったくなく出来ちゃうのが理想ですよね。

ゲーム感覚で「この段階がクリアできたから、じゃあ次もうちょっと強めのストレート打ってみよう」みたいに、ちょっとずつ相手に素の部分をオープンにしていって、しかもそれをお互いに楽しみにながらやっていけたらとても素敵ですよね。そうすれば、彼にしてみてもすごく楽しい空気で受け入れやすいし、逆に自分のことだって言いやすいですよね。

そんなふうに一緒に楽しみながら素直な自分を見せてくれる人のことを、人は嫌いません。本当はこんなところがある、これが知れたら嫌われちゃうかもとか、素の自分を見せることを恐れたり怖がったりせず、素の自分もきちんと認めて、伝えてあげましょう。

そうすればきっと、彼にとっても正直に打ち明けてくれたことが嬉しいし、素の自分を受け入れてもらえたら自分も嬉しいし、二人の絆をより深めていけますよ。

 

(ライター・吉井奈々)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です