大切なのは 「安全に失敗できる場所」です。 その理由は

20130411145419_5166500bd33b5_zsqhlh

20130411145419_5166500bd33b5_zsqhlh
大人になると、仕事も、人との出会いも、恋愛も「失敗できない」ことが多い。
でも、失敗をしないとなかなか成長できないし、
失敗をした時の方が様々なコトを自ら感じて、学びが深い。
コミュニケーションは、本でいくら学んでも頭でっかちになってしまい、なかなか上手くはならない。
やはり実践、場数に勝るものはないと思います。

スポーツでも練習試合が必要。でも練習試合だからといって手を抜いていると本番でも体は動かない。
コミュニケーションもそうで「こういう場面ではこうしよう」と考えている間はまだまだ成長段階で、ぎこちない感じのコミュニケーションになってしまって、スムーズなコミュニケーションは考えているわけではなく練習試合を繰り返して身体に慣れている動きを瞬時に考えるよりも先に行動できているんですよね。

9389953f1a344cacaaa89f55ec622eb6_muizkr

子供の頃、自転車に初めて乗る時はお父さんやお母さんに支えられて、後ろで見守ってもらいながら
「失敗しても大丈夫!お父さんがついてるぞ!」
と安心にした状態で、練習中にこけたり倒れたりしても、大怪我しないくらいの、軽い擦り傷程度ですむくらいの場所を選んでもらって、安全に失敗を繰り返して自転車に乗れるようになる。
自転車は自分でこがないと走らない。お父さんがこいであげることも、常に毎日支え続けることもできない。だから傷やアザを作りながら、安全に安心して失敗を繰り返しながら、成長して乗れるようになる。
これがスゴく大切。
恋愛も、コミュニケーションも、何度も失敗しながら、
自分で感じて成長していくことが大切なんだ。
でも、いざ大人になってみると、失敗が許される場面はあまりなく、
特にコミュニケーションや恋愛では常に本番、一発勝負!という場面ばかりです。

恋人を作る時も、出会いは自分の友達や、知り合い、友達の紹介や、職場、取引先、行きつけのバーや飲食店、ちょっとしたサークルや習い事など、常に自分の身の回り。
もちろんそこで素敵な出会いもたくさんあるけれど、そこで出会い付き合った人とはなかなか一歩踏み出すのも難しいし、別れも難しい。
「あの人とのこと好きだな…でも、ここで告白して、上手くいかなかったら…この環境(職場)に居づらくなるのも嫌だしな…うーん、それを考えると食事にも誘い辛いし、告白なんてできないや」
と、及び腰になってしまう、そんな経験、ありませんか?

g2vsz7na_s1iequ
もし付き合えても
「やっぱり違ったかも…最初スゴく好きだったけど…でも、別れてもこの人との会社とのお付き合いは切れないから度々会うことになるし、別れた後それは気まずいなー」
と、別れるのにもまた悩む。
恋人と別れてそこに居辛いから、会社を辞める、まではなかなか居ないかもしれませんが、行きつけのお店で出会ったり、習い事で出会ったとかの仲なら、別れた後また会うのが嫌だからもうそのお店からも足が遠のき、習い事も辞めてしまう。ということもありますよね。
せっかく良いお店だったのに、せっかく楽しい習い事だったのに。
私がコミュニケーション能力が低いのかな?
私が悪いのかな?
もっと最初から見る目があったら。
告白しなければ良かった。
好きにならなければ良かった。
と、次の出会いに対して消極的になり、コミュニケーションや恋愛に自信を無くしてしまう。
それでは場数どころか、恋愛や出会いに臆病になってしまうんですよね。

20150206-6_reyoco
だからこそ、出会いの、コミュニケーションは安全に失敗しながら失敗に臆病にならず、
次に行くための行動力を養い、実践して試せる場が必要なんですよね。
それには「お見合い」が最高のワークになるんです。
「真剣なお見合いをワークだなんてけしからん!」
とお叱りの声も聞こえて来そうですが、
もちろん、お見合いをただのコミュニケーショントレーニングの場としか考えてないわけではありません。
素敵な出会いがあって、成婚できればもちろんいいですよね。
でも、すごく仲もいいし、趣味も合うし、大好きな人と結婚できれば素敵な生活が待っている…
ように思われがちですが、そうではないですよね。

婚活をしていた人は結婚できれば幸せなのか?
いえいえ、それだけが望みではないですよね。

結婚することは、意外と難しくありません。

でもね、結婚しても「続かない結婚」になってしまったら元も子もないですよね。
なるべくなら離婚したくない。末永く幸せな結婚生活を続けてそのままお墓に入りたい。
結婚がゴールではないですからね。
結婚する前の悩みよりも結婚した後の悩みの方が多いかもしれません。

49Fotolia_66327151_Subscription_Monthly_M_vv8bnv
結婚する前のコミュニケーションも大切ですが、結婚した後もコミュニケーションはすごく大切ですよね。
なので、スグに結婚したい!という気持ちも大切ですが、100回お見合い失敗したけれど、100回成長できた!と思えるような、お見合いを。
コミュニケーションを学びながら、実践しながら、失敗を成長に変えながら、多くのコトを感じられる婚活、お見合いにしていただきたいと思っています。
あなたの婚活、お見合いのイメージって、どんな感じですか?

自分の担当さんと相手のプロフィールをいっぱい見て「この人顔がタイプ♪この人は年収や仕事が魅力的♪」などと「選ぶ」ことをしますよね。

でも、一般的な生活をしていると普段から始めての人と仕事以外で1時間も会話することなんてなかなか無いですよね?
しかもそれが好みのタイプでしたら尚更緊張してしまったり、ネコを何重にも被ってしまって

「こんな素敵な人には、是非気に入ってもらいたいから、 私の良い所をいっぱい見せたい!嫌われたくない!失敗したくない!」

と肩に力が入ってしまい本来の魅力の何分の1しか出せないでしょう。
でも、それが特にタイプの要素は無い人とでしたら気楽に話せませんか?
タイプでは無いからフレンドリーに趣味の話に華が咲いたり、相手にネコを被らず接することができますよね。
しかも相手は自分に興味があって好意的だと尚更。
自分のことを好意的に思ってくれていて、
お互いにちゃんと嘘偽り無い身元が確かな人で、
プライバシーは最初の契約で弁護士さんも通して法的に守られているからストーカーとかの危険性が無い安全な人で、
共通の知り合いや共通の場所が無いから、そこで万が一失敗したりして、どう思われても自分の環境は傷つかない。
そして、恋愛はしたいけれど結婚欲は無いとかでもなく、身体目的だったり遊びだけが目的だったりする合コンや出会い系と違って、ちゃんと結婚目的である。
そんな人となかなか普通に暮らしていたらなかなか出会わないですよね?
なので、まずは「自分から選ぶ」のではなく、自分を知るために、自分はどういう人に需要があるんだろう?ということを知りましょう。

Otomehack_12392_1_v36abv
私のラブレシピでのワークは
「自分を知る」ことに30%使っていただき、
お見合いに行く、失敗をして成長を感じる、ワークをする、などの「行動する」ことに60%を使っていただき、
美容や見た目、実践的なノウハウやテクニックや知識などを学ぶような
「自分磨き」はオマケ程度の10%しか使いません。
自分を知ることはとても大切で、
自分はどういう人に好かれるのか、
自分はどういう人に愛されるのか、
自分はどういう人を好むのか、
自分はどういう人を愛するのか、
自分はどういう人と一緒に居て楽なのか、
どういう生活をしたいのか、
結婚したいのはなぜなのか、
仕事と、恋愛と、子供と、趣味と、
自分の中でどれがどれ位の割合を占めていてどう考えているのか、
自分のしたいファッションは?
自分の似合うファッションは?
などなど、
自分のことは知っていそうであまり知りません。

dc74653ebabd46ffaabb0dd34c61c967_tmy3c0
そして大人になると「自分」って半分くらい周りの人達でできているんですよね。
自分が着たい服は大切ですが、自分が似合う服、自分のキャラにあった服を知ることも大切。
あまり着たことが無いイメージや色の服、それは勇気がいるけれど、いざ着てみて生活していると、周りの反応が変わるのが心地よく感じるハズです。
素敵なパートナーと、末永く一緒にいたいから。
離婚しない夫婦でいるために、
ラブレシピで安心、安全に失敗して、素敵なオンリーワンになりましょう!
そのためにも、まずは自分を好きになること、自分を愛してあげることを、忘れないでね♪

(ライター・吉井奈々)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です