たったこれだけ!美人じゃなくてもモテる聞き上手テク

相手の話を聞いて、相手を認めてあげるのは必須事項。

相手の心に入り込むコミュニケーションができる女性は、いわゆる「聞き上手」と言われます。人の心を掴み、周囲に好かれる「聞き上手」な人は、ある一定の 流れで進められていることがとても多いことをご存知ですか? その会話術は、ある「5本柱」を意識するだけで作り出すことができるんです。

コミュニケーションに必要な会話の5本柱とは?

飲み会などで、いつの間にか意中の人と仲良くなっている女性に注目!

飲み会などで、いつの間にか意中の人と仲良くなっている女性に注目!

決して美人じゃないのに、いつも男の子が側にいる。
合コンや飲み会などでやたらとモテている。
すぐに相手と打ち解けて、いい感じの雰囲気になっている。
――そんな女性、あなたの周りにいませんか?

このように一瞬で相手の心に入り込むコミュニケーションができる女性は、いわゆる「聞き上手」と言われます。人の心を掴み、周囲に好かれる「聞き上手」な人は、ある一定の流れで進められていることがとても多いことをご存知ですか?

その会話術は、「5本柱」を意識するだけで作り出すことができます。逆に言えば、そのポイントだけ知っておけば、今すぐあなたも聞き上手女性になれるんで す。話していて相手が気持ちいいと思える、心地がいいと思う、心を開きやすくなる会話術の具体的な会話のテクニックをお伝えしていきますね。

1.「質問」して興味の深さを伝える

相手の話を聞いて、相手を認めてあげるのは必須事項。

相手の話を聞いて、相手を認めてあげるのは必須事項。

まず、会話の最初は、自分の話ばかりをするのではなく、相手に質問をなげかけることを意識しましょう。まずは相手がどんな話をするのか、どんな考え方をする人なのかを聞いてみて下さい。

2.最後までしっかり「傾聴」する

質問をしたら、ちゃんと相手の話を最後まできいて下さいね。
自分から質問したくせに、途中で自分の話や思ったことを、相手が話しているのを遮って伝えたくなっちゃう人は多いのですが、ここではそれをぐっと我慢して。
またうなずきを大きくしたりして相手に対して「あなたの話をちゃんと聞いていますよ」という姿勢をとることも忘れないようにしましょうね。

3.「共感」で心の扉を開いてもらう

次に、相手の話に自分も「共感」していることを伝えましょう。
相手が話してくれたことに対して最初から相手に対して否定的な態度をとってしまうと、相手は心を閉ざしてしまいます。「でもそれは違うと思う……」と思ったとしても、まずは相手の話を聞いて共感をして、心の扉を開いてもらうことを目指すことからはじめましょう。

4.相手を認めてあげる「承認」

そして次は「承認」です。
ちゃんと相手を認めてあげることもとても大切なポイントになります。
この流れをできるようになれば、会話をしている相手からは「なんだか一緒にいてすごく居心地がいい人だな」「話しやすい人かも」と思ってもらえる存在になることができます。

でも、これだけではただのいい人で終わってしまう可能性もあります。相手の心をつかむために、もう一つ忘れてはいけないことがあります。

5.相手のいいところを見つける「発見」

聞き上手になるには心を取り込む会話術がマスト。

聞き上手になるには心を取り込む会話術がマスト。

相手の印象に残る人になるために必要なこと、それは「発見」です。でも、イケメンの人を見て「イケメンですね~」と言うのは発見ではありませんよ。知られざる相手のいいところを発見する、「発見力」が必要になります。
その人がいつも当たり前にやっていることや、自分自身も気付いていないこと、あなただけが見つけた相手の素敵なところを褒めてあげることができれば、相手 は「この人はこんなふうに自分のことを思ってくれたんだ、他の人とはちょっと違うかもしれない」と相手の心に残る人になることができるんです。
たとえば、お箸の持ち方が綺麗とかそんな小さなことでいいんです。相手の素敵なところを「発見」してあげましょう♪

 

いかがでしたでしょうか?
心を掴むコミュニケーションに必要な「5本柱」とは、「質問」「傾聴」「共感」「発見」「承認」の5つでした。

コミュニケーションが上手で人の心を掴める女性は、自分から盛り上げて面白いことを話しているわけじゃないんですよ。相手から信頼される、心に残る受け答えをしているから聞き上手であり、モテているんです。

飲み会や職場で聞き上手のモテ女を目指すのであれば、会話上手を目指すのではなく、話を聞いて相手に興味を持つ、相手を認める、ということを意識しながら会話をしてみましょう。

(ライター・吉井奈々)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です